検索
  • 一般財団法人平野未来財団

ドキュメンタリー映画「霧が晴れるとき」公開

最終更新: 2020年12月25日

戦後初上陸、長谷川博己ナレーションのドキュメンタリー映画「When the fog clears 霧が晴れるとき」オンライン全世界同時公開




ー あなたの心の故郷はどこ。語り継ぐことが、人生を前に進める ー


戦後75年、遺骨収集も慰霊も叶えられなかった遥か北の島、アッツ島、キスカ島に、日本の撮影カメラが初上陸。制作期間10年、一般財団法人平野未来財団が制作したドキュメンタリー映画「When the fog clears 霧が晴れるとき」の全世界同時公開が決定。12月よりオンラインでレンタル視聴が始まります。


日本語版配信URL:https://vimeo.com/ondemand/kirigaharerutoki

英語版版配信URL:https://vimeo.com/ondemand/whenthefogclears



<あらすじ>

2008年、岐阜。97才の篠田千代さんのもとに送られてきた一通の手紙。そこには見覚えのある花が同封されていた。70年以上も前、はるか北の戦場、キスカ島に散った夫から送られた押し花に似た花。今は立ち入ることができない、極北の地に咲く「心の故郷」の花。

手紙の送り主は、夫の命を奪った米潜水艦グラニオン号艦長の息子たちだった。彼らはなぜ70年近くたった今、千代さんに花を送ったのか。花に込められた想いをたどっていくと、日本人、アメリカ人、アリュート人。たくさんの人が語り継ぎたい「心の故郷」が、霧のむこうで待っていた。


戦後75年、無人島として放棄された知られざる戦地、アッツ島とキスカ島。アリューシャン列島に属し、アメリカ領で唯一日本軍に占領された島々には、いまも戦争の記憶をよびさます残骸が眠っている。


日本語ナレーションは俳優の 長谷川博己 氏。英語ナレーションは パトリック・ハーラン 氏。心の故郷を語り継ぐことが、人生を前に進める。あなたの心の故郷はどこにありますか。



<作品詳細>

【タイトル】 When the fog clears 霧が晴れるとき

【監督】 小川典

【プロデューサー】 平野晃弘

【ナレーション】 長谷川博己(日本語版)、パトリック・ハーラン(英語版)

【制作】 平野未来財団

【上映時間】 1時間19分

【コピーライト】 ©2020 霧が晴れるとき制作委員会 ALL RIGHTS RESERVED.

【公開日】 2020年12月 全世界限定公開

【視聴料】レンタル(24時間)/料金:500円(税込)

【公式HP】https://www.whenthefogclears.com/


12回の閲覧0件のコメント